ここは心の奥底にわく泉 この空を自由に
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.10.24(Sat):言の葉遊び
いつも自由である不自由に疲れていた気がする

羽を広げどこへ飛ぼうと

行く先を妨げるものはなかった

ここへおいで、美味しい実をあげよう

涼しい木陰も用意してある

羽を休めたなら愛撫してもあげる

誘う手は優しく 声は甘く

それでも枝に留まる事は出来ず・・・


やがて一折の籠が用意された

扉は閉められることなく

どこを飛ぼうと妨げはなく

ただ、塒(ねぐら)がここであることを

止まり木がここであることを

いつも忘れずにいてくれたなら

そして隠すことなく心さらけ

安らぎを覚えてくれるのならと


この空を自由に飛べるようになった今

飛び疲れては帰る

温もりを 安らぎを

与えられる籠へと

自由の中の自由 

その風に乗り私は唄う

喜びの歌を

Secret

TrackBackURL
→http://kotonohanotamatebako.blog119.fc2.com/tb.php/14-3e3ec64b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。