ここは心の奥底にわく泉 昼と夜の海と空
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.07.23(Fri):言の葉遊び
青を流したような空
肌を焼く日差し
その日差しを投げかける太陽
火照る肌をなでていく風
吹き抜ける風にざわめく木々
体を支える波は温もっていて・・・


昼 海に浮かぶなら自分を包むのはこれらのものたち



蒼で染め上げた空
砕け散った光の粒を思わせる星々
硝子細工の月
波は風と戯れさんざめく涼音
体の下で波に攫われていく砂
肌を掠めていく流れる砂の感触


夜 波際に体を横たえたなら自分を包むのはこれらのものたち


海と空と溶け合うように
いつか自分も風景の一部になれそうで
昼も夜もきっとすてき
Secret

TrackBackURL
→http://kotonohanotamatebako.blog119.fc2.com/tb.php/233-a3084191
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。