ここは心の奥底にわく泉 老人と海
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘミングウエイ。

この作家が書いた小説の世界を写し取ったような店を見つけた。

といっても、ネットで探し物をしていて情報を見つけただけなんだけれど。

まだ見ぬ土地にある店。

でも、店のオーナーさんのブログを読んでいていつか必ず訪れてみようと思った。



波の音と潮の香。

木のぬくもりに満たされた店内。

ブログのあちこちにちりばめられたフォトには、切り取られた世界が写されていた。

ちょっとおしゃれをして、お気に入りの小説を持っていこう。

慌しい日常から離れ、その日だけは贅沢な時間の使い方をするために。



出来るだけ近いうちに。

その日が待ち遠しい。

久しぶりかもしれないこの気持ち。

車で行くことになるであろうから、お酒を楽しめないことが残念だけれど。

Secret

TrackBackURL
→http://kotonohanotamatebako.blog119.fc2.com/tb.php/252-12de81e8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。