ここは心の奥底にわく泉 風よ 雲よ
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.11.16(Mon):言の葉遊び
大地を被う大気はどこまでもひとつ

ならば此の地と彼の地をつなぐ路となろう

その中を流れる雲は天馬の羽か

天馬よ 蹄を打ち鳴らせ

天駆ける稲妻となり彼の地へと馳せてゆけ

風よ 天馬をさらに飛ばせ

時の途切れる間もなくこの心を届けよ

溢れいずる想いが零れることのなきよう

ひとしずくまでもを運んでおくれ

この身が風に 雲に 天馬の羽に

化すること叶わぬゆえに

今願いを込めて掌を合わせよう


Secret

TrackBackURL
→http://kotonohanotamatebako.blog119.fc2.com/tb.php/28-74cdf732
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。