ここは心の奥底にわく泉 どんな色に染まったら
--.--.--(--):スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.03(Thu):言の葉遊び
髪の色

瞳の色

唇の色

そして話す言葉の色さえも

みなそれぞれに違うもの

あの人はどんな色を好むのだろう

6月の雨の色

7月の風の色

8月の空の色

どんな色に私を染め上げたら好みに添えるのだろう

9月の夜空の月

10月の山の裾野の木々

11月の空を流れる雲

いえ、他のどんな色よりも

5月の野に浮かんでは消えする

シャボン玉のように

映りこむあの人を自分の色としてとり込みながら

日々この身の色を変えてゆきたい

けして飽きてしまわれぬように

Secret

TrackBackURL
→http://kotonohanotamatebako.blog119.fc2.com/tb.php/44-8d1c3e2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。